包むが 隠さぬおたくです
日記、作品・サイト紹介

| 記事 | コメント | トラックバック | カテゴリ | 月別 | リンク | ひとこと |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=              
| - | | - | - | web拍手を送る |
数日前に戻ってみましょう
いつもの書店、特設コーナーにて





!!]^*@%+.:%#!!!!

これ下さい!!

「お買い上げ有難うございます」

違う、これじゃない。
この帯に書いてある方!!

「あ、それは入荷して売り切れた後…注文したけど再入荷してない奴ですね〜」

うむぅぅ(;_;)

「ちょっと待って下さいね。

カタカタカタカタカタカタ

はい。“出版社僅少”です。つまり」

つまり“望み薄”ですね。

「“殆ど望み薄”です」

嫌だーっっ!!

「はいはい、出版社に直接確認しますから。あっ…今の時間は」

昼休みですよ昼休みなんでしょう(;皿;)

「あぁ〜。いやギリギリ出てくれるかな、こちらなら…」


lulululu


「はい。はい、はい。では1冊で」

にょーっっ(;∇;)/~~

「そんだけ喜ばれると書店員冥利に尽きますね(^_^;)」

だって好きなんです、大好きなのです『戦闘妖精 雪風』!!!
何度読み返しても飽きる事ないですよ。何度だって読み返しますよ。枕元常時置いていますよ。何度読みふけったか、何度眠れなくなったか!!
また眠れない日々がぁっっ!!

「唐突ですけど●●さん、暇なんですか?」

今日は飯食う暇ありますよ。

「ただでさえ寝てないんだから読書で徹夜なんかしてないで下さい」

嫌だーっっ!!
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=475              
| 日記 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
『戦闘妖精 雪風』最新刊も読みたいが
「ナイト・オブ・ザ・スカイ」も見たいーっっ!!

とりあえず…テレビだーっっ!!
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=474              
| 日記 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
新しい本棚を買うのです
目星は付けていましたが、3月の話なのでむしろ在庫がなさそうですがとりあえず家人と出かけて行ってきました。



1時間後――。


ただいま帰りました。

おかえりー。
どうだった?

サイズがありませんでしたよ。
同じチェーンでもやっぱり駄目ですね。
この辺の店じゃ、欲しい背の高いサイズが置いてなくて。



一刻後――。


「あら、あんた1人?」


付き合ってくれた家人なら町内回り行きましたよ。

「いや、誰かと話してたでしょう?」

あぁ。1人芝居して遊んでました。

「…」



流しましたね。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=473              
| 日記 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
「嫌よ嫌よも好きのうち」というのは男性優位の思想から生まれた言葉なんだそうですよ
先日知人の職場に「フレッシュプリキュア」のキュアピーチが遊びに来たのですが
知人が口をすぼめているので、理由を尋ねたところ


「同僚が俺にイベントはどんな様子だったかと聞くから答えたら
『キュアピーチ、キュアピーチと連呼して実は大好きなんでしょう』とか
にやにやしながら有らぬ疑いをかけるんですよ」


男性がプリキュア好きなのと
大人なのに戦隊物好きなのと何か違いますか?


「いや。やっぱり俺的に“男がそこにいっちゃったら終わり”だと思います」


なるほど。
私の学友どもは
「おじゃ魔女どれみ」が大好きでしたけど。
痛々しさを例えるならあれですか?
変身前のイケメンやギャルには目もくれず
キャラクターショーの最前列中央に陣取って声援を送る私ですか。


「いや、それは全く問題ないと思います」


お世辞でもありがとうございます。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=472              
| 日記 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」大ヒット中ですが
マイケル繋がりなら近日公開の「ムーンウォーカー」より「ウィズ」がスクリーンで見たいです。


と、自分がスクリーンで見たい旧作なら絶対に「スプラッシュ」と「レディー・ホーク」だ、と思ったところで
洋画とファンタジーとおとぎ話が本当に好きだなぁ、と再認識した次第です。


日本では当たらなかった「スターダスト」も大好きです。
「スネーク・フライト」と「アナコンダ」シリーズも大好きなのですが
これは蛇が好きなせいなのでしょうか・・・。


ちなみに自宅のある山にはいまだにマムシが棲んでいます。
友人宅のテレビ台の中には
ビデオデッキでもDVDレコーダーでもなく
マムシ酒だけが入っています。
「マムシを見たら、気づかれる前に即逃げろ」が
子供の頃の合言葉でした。

そういえば、小学校の教頭が下級生をかばって
校庭で噛みつかれていたなぁ、と懐かしく思い出しました。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=471              
| 日記 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
深刻なミネラル不足です
私の体が。


足が半端なくつります。

原因は明らかです。



「汗のかきすぎ」



あれか、建設の職人と同じく
水と塩を取るべきなのか!



とりあえずワカメ補充で。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=470              
| 日記 | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
恐るべし興行効果…『MW』原作文庫本売り切れてます
先月の今頃、映画公開前に予習をと購入し、肩こりと頭痛と腕のふるえと引き換えに
一晩で完読
した『MW』ですが


重版待ちですか。


いやはや、地元では公開初日の映画動員がそんなに多くなかったので
どうかなーと思っていたら
なんだかんだと盛り上がっているんですね
原作の方は←どうだその捻くれた見方。


重版待ちといえば。
家人壱が欲しがっていた『シャーマンキング完全版 27巻』は販売再開された模様。
発売されるやすぐに店頭から姿を消したこやつのせいで
忘れもしない、19時50分に駆け込んで帰宅した
必死の家人壱に「置いてそうな穴場の書店を教えろ」とせっつかれ
それを擁護する家人弐には「どうにか見つけてやってくれ」とせがまれ
めったにこういう会話に参加してこない家人参にまで「探してやったのか?」とせめられ


片っ端から電話しましたよ、平謝りで閉店間際の書店群。


あの時間に電話が鳴るののどれだけ大変な事か…。
本当にその節は申し訳ございませんでしたと、今更ながらに諸方向に頭を下げてみたりする。


無理難題を押し付けた家人達曰く
「あんたなら、売り切れでも手に入れられるだろう。コネで」


ない、そんなもの。
私の蒐集率の高さは全て運と勘と努力の賜物です。



映画「MW−ムウ−」公式HP
映画「MW−ムウ−」公式HP

http://mw.gyao.jp/


JUGEMテーマ:日記・一般

---

 
評価:
手塚 治虫
小学館
¥ 610
(1995-02)
Amazonランキング: 8位
人間の存在悪を曝け出した非凡なる漫画という形のアート
想像よりも
なに?この作品は…

評価:
flumpool,山村隆太,玉井健二,古川貴浩,百田留衣
Amuse Soft Entertainment = music =
¥ 1,286
(2009-07-01)
コメント:映画「MW -ムウ-」の主題歌、予告編のバックに流れているのがピカイチで恰好いい。
かっこいいなあ〜
買って良かった
顔で売りたいのはわかるが

武井 宏之
集英社
¥ 1,000
(2009-04-03)
コメント:「この時期“27巻”って言われればこの本しかありません」と、作品名をど忘れて「えーっと、愛蔵版?で27巻なんですけど〜」と独り言を言った私に馴染みの書店員が間髪入れずに回答出来てしまうほど問い合わせ殺到だったらしい、全国のファン(家人含む)が待ち望んだ正に「完全版」という名はこのためだと言っても過言ではない、書き下ろし最終巻。
表紙も凝ってる!!
マンキンらしい完結
深い。。。究極のラスト!!

  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=469              
| 日記 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
ショッピングモールの扉に足を食われました
閉じてきたガラス扉に人が挟まれそうになって飛び込んだら、
相手はすり抜けましたが、私は激突しました。


その瞬間、私の作った間隙がなくてもすり抜けられたような気もしましたが、
無傷で何よりです。相手とガラス扉が。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=468              
| 日記 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
手放せません
液体消炎薬。

頭蓋骨と脊椎の繋がる付け根のところから肩甲骨にかけての筋がバッキバキ。


今日の理由は明白ですがね。



徹夜明けで参加した同窓会、帰りの新幹線で爆睡したから。



途中駅まで一緒だった学友2人からめちゃくちゃ心配されながら別れて、別れた後も心配メールが。


いや、君たち。
私、一応おない歳だし、もういい歳だから。


…いい歳だから心配されたか。



と、ここまで打って気が付きました。


この痛み、最近年甲斐もなく携帯電話ばっかりいじってるからですわ。

ブログ更新とか。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=467              
| 日記 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
ザッツ日帰り to 京都
卒業をかけた追試験の受付以来の強行軍です。


まさかこの歳になって
「夏コミ明け、大阪にも参加したいんだけど金は出来るだけ本に使いたいから、ホテル使わないスケジュールで〜♪」
とでも言わんばかりの移動計画を組む羽目になろうとは。


大人になったからには、学友と優雅に呑む予定だったのに。
しかし、しっかり酔わせて“あの頃”と変わらず「六甲おろし」を歌わせるはずだったのに。
昨日だってきちんと眠れるはずだったのに。


つまり!学友が出来上がる前に新幹線に飛び乗らなきゃならん上に、徹夜明けだって事であります←某カエル軍曹風に。


で。
本日の作戦は「屈辱に耐え、歯を食いしばって追試験を受けて卒業した大学の同窓会」なんですが。
いやまさか。
助教授と喧嘩して単位落とされるとは、ドラマじゃあるまいし。
“あの頃”は若かったということですな、我が輩も←某カエル軍曹風に。


今日お会いする方は別の先生ですが、そういえば、今は呼び方が“助教授→准教授”に変わったんでしたか。


在学当時、犯罪心理学助教授の活躍する推理小説が大好きで大好きで。
今でも大好きですが。
本当に“あの頃”は世界も我が輩もツヤッツヤ、ピカピカしてました←某カエル軍曹風に。






って、『ケロロ軍曹』ってなんでこうも懐古の念を煽りますかね←それはパロディの巣窟だから。


そんな“あの頃”を懐かしむ今の私は、某人から

「こいつアレです、『ケロロ』のまんま黄色い奴です」

と公的な場で紹介されるのであります。


黄色くないであります!
どっちかっつーと寒色系であります、どっちかっつーと。
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=466              
| 日記 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | web拍手を送る |
<< | 2/49 | >>