July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

金魚に名前が付きました

朝から晩まで人気者な金魚さん。
流し場のタライで土左衛門になっていたメスクワガタの保護者も例外なく、夕刻のゼリーの取り替えを終え、横の金魚鉢を覗き込んでます。
このままでは名前を付けられます。


勝手に名前付けたから。先に名前付けたから。“茜さん”。

家人「付けたの…。で、なんでアカネサン?」

朱いから茜さん。

家人「うわ単純」

クワ子とすっとこどっこい

家人「やかましい」

朱いからだけど、先日読んだ本に茜さんって出てきて響きが良かったから。

家人「アカネサンってメス?」

肛門見てないから分からない。けど、“茜さん”は苗字ですよ。

家人「へー。だけど“アカネサン”って男性の下の名でもいいよね。しっかしアカネサンってば“The 金魚”って感じだ」

でしょでしょ、金魚らしい金魚ですよね!?

家人「“King of The 金魚”だよね」

ええ、“金魚 of The 金魚”です。




基本的に酒呑みと親ばかの血筋です。

---

本日の茜さん
水面へにょっきり、悩殺ポーズの茜さん。の前にはメロメロの我々

本家、茜さん登場の本
温室育ちの恋
相棒所持のボーイズラブ小説

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop