包むが 隠さぬおたくです
日記、作品・サイト紹介

| 記事 | コメント | トラックバック | カテゴリ | 月別 | リンク | ひとこと |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=              
| - | | - | - | web拍手を送る |
いやいやいやいやもう絶対無理
生まれも育ちも西国の私には雪は恐怖の対象でしかありません。

あり得ませんって、地面が一面真っ白なんて。
吹雪いて前が見えないなんて。

とは言え、家人の車を持って帰らない訳にはいかないのでなるべく平らな道を選んでの帰り道。
下り坂、ゆるゆる降り始めて気付きました。


勘弁して下さい。他車の恐怖が轍になって残ってるんですが。

二車線道路のはずなのに、ど真ん中に一車線分しか車輪跡がないんですが。中央線を跨いでますよ、地面真っ白なので中央線見えてませんけど。


この分では我が家まで車で上がるのは絶対無理!


有り難や、土地神が我が家の裏に奉られております。
ええ、我が家は山の頂上で御座います。


麓の神社の前の緩やかな登り坂でスリップするのに、うちの前の傾斜角60度を超えた坂はもう絶対無理。




諦めて坂の下に車を停めて徒歩で帰って来ました。


あぁ、歩く度「ムキュッ ムキュッ」と音がぁ〜。


これはちょっと楽しいですね、ムフ。




帰宅したら門番達がほっかむりしていたので記念撮影しました。

TS3K00290001.jpg

軒先に居座っている、唐渡りの兎も、身を寄せ合いながらこんな羽目に。
TS3K00300001.jpg
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=485              
| 日記 | 06:22 | comments(0) | - | web拍手を送る |
スポンサーサイト
  
              http://rr6.jugem.jp/?eid=              
| - | 06:22 | - | - | web拍手を送る |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>